在外邦人へのJR全線フリー切符発売「在留期間10年以上」に…新資格の設定で継続

以下は《レスポンス 草町義和》さんの記事から転載させて頂きました。

在外邦人へのJR全線フリー切符発売「在留期間10年以上」に…新資格の設定で継続

JR旅客6社は3月31日、訪日外国人旅行者向けフリー切符「ジャパン・レール・パス」の海外在住日本人への特例発売について、新しい利用資格を定めると発表した。6月1日発売分から適用する。

[関連写真]

「ジャパン・レール・パス」は国鉄時代から発売されているJR全線のフリー切符。『のぞみ』『みずほ』を除く新幹線と在来線の特急・急行・快速・普通列車などを利用できる。期間は7・14・21日間の3種類、座席はグリーン車用と普通車用の2種類が発売されている。

原則として短期滞在の資格で訪日する外国人のみ購入できるが、外国に居住している日本人でも、その国の永住権を持っているなど一定の条件を満たしていれば購入することができる。しかしJR旅客6社は2016年11月、海外在住日本人への発売は今年3月31日の引換証発売(引換期限は6月30日)をもって終了すると発表していた。

今回の発表によると、6月1日の引換証発売分から新しい利用資格を設定。日本国のパスポートと「在留期間が10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」を持っていれば「ジャパン・レール・パス」を利用できる。確認のための具体的な書類は、5月下旬に「ジャパン・レール・パス」のウェブサイトで案内する。

JR西日本広報部によると、永住権を確認するための方法が国によって異なり、不平等が生じるなどの問題があった。このため、2016年11月には現在の条件での発売を終了すると発表したが、不平等が生じない方法による利用資格を新たに設定することにしたという。

コメントを残す