米国気象当局による2020年ハリケーン・シーズンの見通し(更新)

以下の情報が在マイアミ日本国総領事館から入りましたので転載致します。


● 米国国立海洋大気庁(NOAA, National Oceanic and Atmospheric Administration)は,8月6日付けで今年のハリケーン・シーズンの見通しを更新し,「85パーセント以上の確率で平年以上に多くのハリケーンが発生する。」と発表しました(5月の見通しでは,60パーセント以上の確率で平年以上に発生すると発表)。
● その理由として,大西洋やカリブ海の海水の表面温度が平年より高いことやラニーニャ現象が発達すると見込まれており,今後,更にハリケーンを活発化させる可能性があると分析されています。
● シーズン中,命名される熱帯暴風雨は19~25個発生し,そのうち7~11個がハリケーンに,更にそのうちの3~6個がカテゴリー3以上の重大ハリケーンになると予想されています。
● 当館ホームページ上の「ハリケーン対策」などを参照の上,日頃から最新の気象情報を確認するように努めてください。
● 特に今年は新型コロナウィルスの流行による小売店の入場制限,航空便の減少,ホテルの休業などによって,ハリケーンへの対応が普段よりも難しくなるおそれがあることから,あらかじめ避難計画を立てるなど,余裕をもって行動してください

【ハリケーン対策】
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/info_hurricane.html
内容:ハリケーン基礎知識,備蓄品のチェックリスト,米国当局の関連情報収集先のリンク等を掲載しています。

【日本語でホテル・航空券の手配が可能な日系旅行代理店】
https://www.miami.us.emb-japan.go.jp/files/100048603.pdf
内容:避難時にホテルや航空券の手配が必要な場合,フロリダ州内にある日本語で相談・手配が可能な代理店を案内しています。

【在マイアミ日本国総領事館】
Consulate General of Japan in Miami
80 S.W. 8th Street, Suite 3200, Miami, FL 33130
電話:305-530-9090 FAX:305-530-0950
ホームページ:http://www.miami.us.emb-japan.go.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください